歯科で受けるインプラント治療とは|噛める楽しさを歯科治療で実感

医者

アレルギーがない

クリニック

長い歴史を持つインプラントは、近年チタンの代用になるジルコニアインプラントが話題を独占しています。理由は、本来のインプラントにある金属にあり、これがアレルギーを引き起こすことが判明したからです。金属アレルギーを持つ人にとって、チタンタイプのインプラントは極力避けたいでしょう。また、金属アレルギーを持つことから、治療を泣く泣く断念した方も少なくありません。そのような理由から、入れ歯やブリッジを余儀なくされた事例は数多くあるため、その流れからジルコニアインプラントが注目されるようになったのです。大きな特徴は、金属アレルギーを心配せずに、埋め込みが可能になったことです。作りは白い歯と何ら変わらず、強度に優れており、簡単に欠けることがありません。また、ジルコニアインプラントは、他のセラミック素材よりも自然な歯に近く、笑ってもジルコニアインプラントだと知られません。見た目や機能性、安全面含め、今後もジルコニアインプラントが話題を独占するのは目に見えているでしょう。

メタル素材のインプラントは、ある学会で気の流れを妨げるとし、人体に良い影響を与えないと発表されています。実際にジルコニアインプラントを埋め込んだ患者の自律神経をチェックしてみると、埋め込む前と違い、明らかに自律神経のバランスが取れているのがわかりました。結果、本来のインプラントよりも健康になると実証されたため、日常的にジルコニアインプラントを使用すれば、快適で健康的な使用が実現します。